電子書籍市場で「先行者」が得るもの


senkou

 電子書籍市場における「先行者」が得るものについて、真実を公開します。あなたが「事業」を行っているなら、ぜひこのエントリーだけはお読み頂きたいと思います。

 あまりに多くの人が「電子書籍ビジネス」の真価に気付いていません。ほとんどの人が「本を出すだけ」がゴールだと思っています。

 しかし、ウェブメディアの観点から見ると「電子出版」は全く違った意味を持ちます。

ウェブメディアとは?

 インターネットでビジネスを行う際、必ず必要になるものが「メディア」です。メディアとは、ホームページ、ブログ、メルマガ、フェイスブック、ツイッター、アプリ等のことです。

 時代と共に様々な手法が生まれ、「メディア」を上手く活用した人が利益を得てきました。これはネットビジネスだけに限らず、実業においても大きな成果が出ました。また、個人が「メディア」を使ってビジネスを行うことも可能になりました。

 そして、今や自動車や不動産までネット上で売買されるのが当たり前になりました。

 しかしここ数年、インターネット上に大きな変化が起き始めています。

パソコンからスマホ時代へ…

 スマートフォンの登場によって、インターネットビジネスも激変し始めています。
 例えば、Googleは「スマホに対応していないホームページの検索順位を下げる」と発表しました。また、買い物や情報検索をする際、スマホで行う人がパソコンを上回るようになってきています。

 このように、すべてが「スマホ」を基準に考えられるようになってきているのです。

精読率「0」の時代に打ち勝つには

 スマホには大きなチャンスがありますが、同時に懸念点もあります。それは、情報量が増えすぎて、私たちの伝えたいことがユーザーに届きづらくなっているのです。ここで言うユーザーとは、あなたの見込み客のことです。

 スマホユーザーの大半は、パソコンの時のように「執念を持った検索」をしません。Googleで検索して、せいぜい5ページ目まで見れば良い方です。ということは、6ページ目以降の情報は、無いものと同じなのです。

 また、つい数年前まで、「PDFで無料レポートを作り無料配信すれば、見込み客を集められる」と言われていました。しかし今後は、せっかくPDFレポートを作っても、配信するサイトを検索で上位表示させたり、広告をしなければユーザーに届けることはできません。上手くダウンロードしてもらっても、PDFはスマホで読みづらいので読んでもらえるか分かりません。

 スマホユーザーは激増していますが、同時にユーザーの検索行動は変わり、コンテンツ情報量も比例して増えています。つまり、届けるための工夫をしなければ、私たちのコンテンツがユーザーに届く確率は限りなくゼロになってしまうのです。

インターネットビジネス戦略の定石が変わる

 明らかに今までの常識が崩れ落ちようとしています。インターネットビジネス戦略の定石も、著しく変化を始めています。この変化を「危機」にするか「大チャンス」にするかは、これからの行動次第です。

 あなたはきっと「大チャンスにしたい」という意識の高い方だと思います。今からその方法をお伝えします。

電子書籍=総合メディア

 スマホ時代に勝つのは「優れたメディア」を持った人・企業です。メディアとは前述の通り、ホームページ、ブログ、メルマガ、フェイスブック、ツイッター、アプリ等のことです。これらのメディアをスマホ対応させて、強化していくのはもちろん大切です。

 しかし、情報過多の時代において
「スマホユーザー(あなたの見込み客)に対し、まとまった情報を、正確に伝え、ブランディングを行い、あなたの本業につなげられるメディア」
 は、何が適切でしょう?

 そのメディアこそ「電子書籍」なのです。

 これは我田引水や贔屓ではありません。スマホに関係するあらゆるメディアを分析したうえで、他に代替がきかないメディアは、電子書籍しかありません。

 しかも、電子書籍はあらゆるメディアの特性を含む「総合メディア」ですので、一冊作るだけでもスマホ市場に対して相当なアドバンテージ(優位性)を持つことができます。

スマホユーザー教育は、電子書籍がベスト

 ビジネスを行っているあなたは、ユーザーに対する「教育」の重要性をご存知かと思います。あなたのビジネスを的確に伝え、見込み客になってもらう「教育」は、今後も欠かすことはできません。

 ただし、今までの方法はもう通用しません。PDFを配った所で、読んでもらえないからです。ホームページやブログは有効ですが、そもそも出会うキッカケがなければ、あなたのビジネスをお知らせすることもできません。

 そこで、最初のキッカケ作りに「電子書籍」を活用するのです。

 電子書籍をAmazonに登録し適切な対策を行えば、強力なSEO効果が期待できます。また、電子出版プロモーション戦略、ランディングページ活用、PR活動、オフライン展開などと連動すれば、効率的にスマホユーザーにアプローチできます。

 スマホユーザーは、パソコン検索の時代を体験していない人も多くいます。そこで、あなたが電子出版を武器にいち早く行動すれば、見込み客を大量に囲い込むことができます。

あなたが第一人者になる日

 さらに良いことがあります。あなたの分野で電子出版を積極的に展開している人がいるか、検索してみてください。ほとんどいないか、ゼロのはずです。ということは、あなたが電子書籍を出版することで、業界の第一人者になれる確率が飛躍的に高まるのです。

 もし、紙出版の著者がいても問題ありません。なぜなら、本エントリーでお伝えした通り、電子書籍と紙書籍は全くの別メディアだからです。これも「先行者」が得られるメリットです。現に、私たちがエストリビューターとして携わっている著者様は皆さん、業界の第一人者になるべく戦略展開を行っています。

 この点だけでも、莫大なチャンスが潜んでいることにお気づき頂けたかと思います。

今すぐに電子出版を開始してください

 もし、本エントリーをお読みになり、電子書籍を行う意義に気づかれたらぜひ今すぐ行動を開始してください。先行者としてのメリットを得るためには、今準備を進めることが大切です。

 あと数年して、後続の参入者が増えるほど、また市場のコンテンツが飽和していきます。その時になってから準備しても遅いのです。
 むしろ、あなたが今のうちに第一人者となり、後続の人たちに対してビジネスを行えるようになってください。

 そのためには、今、電子出版を決意することが最善の行動であると断言できます。


2015-04-27 | Posted in 電子出版戦略論No Comments »