電子出版ブランディングの「秘訣」とは?


hills

 以前は「書籍を出版する」と言えば、実績がある人が行うものでした。しかし、いつの頃からか、書籍を出すことで実績を作ることが可能になりました。

 「出版ブランディング」などと呼ばれますが、出版することで権威とブランドが確立し、さらにお客さんに伝えたい情報を的確に伝える。書籍は、プロモーションのメディアとしても、非常に優れています。
 誰でも出版できる「電子書籍時代」になり、出版ブランディングはさらに実現しやすくなりました。

 でも、注意が必要です。

飽和状態で勝つ方法

 誰でも出版できるということは、飽和する恐れもあります。現に、Amazon Kindleを検索すると、有益な書籍とスパム的な書籍が入り混じった玉石混淆状態です。これは別に電子書籍だけでなく、YouTubeでも同じようなことが起きています。

 このような状況で人より一歩抜きん出るには、高いクオリティの電子書籍を出版する必要があります。適当に書いて出版しただけでは、何もしないことと同じです。

 そのために必要なことは、一つだけです。

優れた書籍=徹底した読者目線

 それは、徹底した読者目線の書籍を書くことです。

 読者は、どんな内容を読みたいのか? そして、本を読むことで何を得たいのか?

 この点を徹底的に掘り下げるだけで、他の書籍とは別次元のクオリティになっていきます。


2015-07-15 | Posted in 電子出版戦略論No Comments »