【続報】Amazon動画、オープンしてました


avd

昨日、Amazonの動画サービス「Amazon Video Direct」をご紹介させて頂きました。
こちらはすでに日本版もオープンしていました。
ページは以下です。

■Amazonビデオ ダイレクト
https://videodirect.amazon.co.jp

アカウントの作成方法や登録方法は、電子書籍のKindleとまったく同じでした。

※以下のサイトに手順が詳しく載っています。

■【必見】Amazon Video Directで動画公開する方法
http://watasenoko.link/how-to-avd/

すでに電子書籍を開始している人は、非常にスムーズにビデオダイレクトも開始できるでしょう。

また、サイトには以下のような説明がありました。

多様な収益化
プライム会員のストリーム時間、レンタル・購入・追加会員制サービスの月会費・アドインプレッションからのレベニューシェア、またはこれらオプションの組み合わせより、タイトルごとにロイヤリティの稼ぎ方を決められます。

世界へ配信
Amazonビデオが利用可能な場所すべて(アメリカ、ドイツ、オーストリア、イギリス、日本)、およびすべての対応デバイス(Fire TV、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、スマートTVやウェブ)で、タイトルを利用可能にしましょう。

データから販売方法最適化
ストリーム時間、追加会員制サービスの会員人数、見込み収益、支払い履歴といったストリーミングデータ一覧を使って、タイトルの販売促進方法を最適化することができます。

さらに、以下のような制度があります。

Amazonビデオ ダイレクトのスターになろう
Amazonビデオ ダイレクトのプライム会員特典タイトルのうち上位100タイトルに、Amazonよりひと月\$1,000,000が分け与えられます。プライム会員特典タイトルのすべてが自動的に審査対象となります。

まさに先行者利益を掴むチャンスといえます。

すでに動画をお持ちの方はすぐにでも開始できますし、これから開始する方も動画配信を視野に入れていくとより幅広い展開が可能になります。

また、その時にクオリティの高い電子書籍を準備しておけば、大きな相乗効果が期待できます。


2016-05-12 | Posted in 電子出版戦略論No Comments »