2016-04

電子出版戦略論

【成功の方程式】「良質コンテンツを量産」の時代

インターネットビジネスで成功するための方程式は日々変わっています。 たとえば、Google AdWordsが登場したばかりの頃、広告審査もほとんどなく1クリック辺り、7円~10円で出稿できました。 このチャンスに気付いた...
電子出版戦略論

【公開】エストリビューターの費用対効果を公開します

今回は、エストリビューターになって頂いた方が「必ず得られる成果」についてお伝えします。 それは、 ご自分の電子書籍、 友人・知人の電子書籍、 ビジネスパートナー の電子書籍をいつでも自由な時に出版できる環境 ...
電子出版戦略論

「エストリビューター」を作った理由

私が日本における「エストリビューター」の概念・方法論を最初に意識したのは2011年でした。 その頃は、先行き不透明の市場で、「可能性のひとつ」として事業に取り入れていました。 その後、Kindleが上陸して、市場が拡大す...
電子出版戦略論

電子書籍は流行りモノなのか?

ネットビジネスの業界に長いこといると、「即金系」のビジネスをよく見かけます。 確かに「即金」が可能なビジネスもあります。 しかし、即金系のビジネスは、例外なくすぐに通用しなくなります。 ヤフオクで買った商材とは? ...
電子出版戦略論

電子書籍、次のブレイクはいつ?

オンラインサロンを運営しているシナプス株式会社という会社があります。 シナプスさんは、過去に電子書籍事業を行っていたこともあり私も2010年頃から注目していました。 「オンラインサロン」という概念は斬新ではありましたが、...
電子出版戦略論

ホリエモンと電子書籍

2015年6月29日公開の動画ですが、堀江貴文さんがご自身の「YouTubeホリエモンチャンネル」で電子書籍に言及しているものがありました。 動画は以下になります。 ■堀江貴文のQ&A vol.515 普及の鍵はフォーマ...