【人気記事】電子書籍ポータルサイトが失敗したけど、大切なことに気付いたという話


メルマガ読者様の専用記事です。メルマガ読者様には、メール内でパスワードをお伝えさせて頂きます。




2015-01-05 | Posted in 電子出版戦略論 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。 
  • Kentaro Tamura

    オンラインサロンSynapse代表の田村です。当社のサービスを取り上げて頂き、ありがとうございます!

    電子書籍×継続課金はとても相性が良いと私も考えています。安価もしくはフリーの電子書籍を入口に、よりリッチな体験でマネタイズ、その一部をまた電子書籍化、といったふうに回せると、執筆活動の継続に繋がるなと。

    実はSynapseでは(元々当社も電子書籍配信サイトだった経緯もあり)、サロン会員限定でのEPUB配信や制作支援なども行っており、すぐにでも推進していきたいなと思っています。どこかで機会があれば、ご一緒できると嬉しいです。

    • 田村様、コメントを頂き誠にありがとうございました!

      私もSynapseさんが電子書籍配信を行われていた時から、会員登録させて頂いておりました。オンラインサロンは、電子書籍の最高のマネタイズ方法であると日々思っています。

      ぜひ、一度お話し合いなどさせて頂けると大変嬉しいです。

  • Pingback: 電子書籍作家のマネタイズ論2015 今年って電子書籍…何年だっけ? | tamuken.blog()

  • Pingback: ●メディアとジャーナリズムの現在・未来()