日本有数の電子出版プロデューサー


idea

私はオンライン上にある「電子書籍情報」にはだいたい目を通しています。素晴らしい情報もあれば、かえって害になるような危険な情報もあります。

良い情報がどうかを見極める際に、私が特に注目して見るのは、「実務家であるかどうか」「継続的な情報発信をしているかどうか」の2点です。

逆に、実務を重ねながら、毎日着実にメッセージを発信している人こそ、本物であり、真の電子書籍プレイヤーだと思います。

日本有数の電子出版プロデューサーをご紹介します

私が信頼・尊敬している「電子書籍プレイヤー」は、
電子出版プロデューサーの八鍬兼二(ヤクワ・ケンジ)さんです。

EWA-yakuwasama

八鍬さんは、2012年という非常に早い段階から『FPMAG(ファイナンシャルプランナーマガジン)』という「電子雑誌」のビジネスモデルを立ち上げられました。

■ファイナンシャルプランナーマガジン
→ http://amzn.to/1DnGpOM

企画、実務、マーケティング等、すべてをご自身で行われている、まさにプロフェッショナルです。電子書籍元年以降、インディーズの電子雑誌の創刊としては、日本でも5番以内に入るスピードだと思います。

八鍬さんのメルマガは以下よりご登録頂けます。電子書籍の本質を、なんと無料で学べますので、ぜひ今すぐご登録をお勧め致します。

■メールマガジン【電子出版通信】(無料)
→ http://ebook-master.com/newsletter-signup/

また、ブログは以下になります。こちらも非常にお勧めです。これだけの情報を公開しているのは、信じられないレベルです。ぜひ熟読してくださいね!

■電子書籍を出版しよう!(ブログ)
→ http://ameblo.jp/risol-ebook/

■電子書籍出版大学 eBook-master(ブログ)
→ http://ebook-master.com/

八鍬さんのメルマガやブログを読んで、私も改めて「電子書籍は可能性」に気付きました。ぜひあなたも登録&ブックマークしてくださいね!


2015-04-09 | Posted in 電子出版戦略論No Comments »