「廃刊リスク」と「電子書籍」と「損益分岐点」


出版において「廃刊リスク」は意外と見落とされています。

私は商業出版した書籍が2冊あり、廃刊リスクも身近なものとして体験しました。今回はそこで気付いたことをシェアさせて頂きます。

紙出版の時代は「廃刊」になってしまったら、出版した意味がほとんどなくなります。もちろん、出版実績には残りますし、古本として流通するという意味では、まったくのムダとはいいません。

しかし、廃刊になると周りからは勝手に「売れないから廃刊になったんだ」なんて思われハクも付きません…。

世の中には、非常に素晴らしい内容だったのに、時流・タイミングが合わず売れなかった本が山ほど存在します。

しかし、電子書籍ならそのような心配はありません。

ここでまず、大手出版社の戦略をご紹介します。

続きはコチラ↓から!

■電子書籍ビジネスアカデミー
https://synapse.am/contents/monthly/1000000ebook-salon